「四国B級ご当地グルメ連携協議会」は、四国におけるB級グルメによる地域おこしを志しあるいは関心をもつ者で構成している団体です。通称「四B連(よんビーれん)」といいます。今後ともよろしくお願い致します。


by SBLGA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今治で焼豚玉子めしを取材した後は多度津へ〜

多度津では鍋ホルうどんの取材をしました。
今回は「いこい」というお店で取材させていただきました。
元祖!鍋ホルうどんのお店だそうです。
b0208755_10235713.jpg

この鍋ホルうどんは多度津ラインズクラブの皆さんがまちおこしの一つとして盛り上げているB級グルメです。
多度津鍋ホルうどんはしょうゆベースのホルモン鍋にうどんを入れて煮込んだ料理で、多度津町内で老舗焼き肉店を営む小原隆三さん(62)の父親が1957年ごろに考案。
当時、旧国鉄の多度津工場に勤務する職員らの間で人気を得ていた料理で、
多度津鍋ホルうどんとは多度津ライオンズクラブの皆さんが
まちおこし、地域のにぎわい作りのためと盛り上げているB級グルメです。

以前、このブログでもご紹介させていただきました。
以前のブログはこちらから
b0208755_10235072.jpg

秘伝のタレが決め手のおいしい鍋ホルうどん。
モツがとっても柔らかいですよ〜
ビールやお酒にもあいます。

そうそう!
多度津鍋ホルうどんのHPができました。
多度津鍋ホルうどんのHPはこちらから
ぜひチェックしてみてください〜001.gif

以上で関西テレビ「ウラマヨ」の取材は終わりです。
最後に取材クルーにも鍋ホルうどんを味わっていただきましたよ!
b0208755_1024090.jpg

取材クルーの皆様お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。

また四国の美味しいB級グルメ、食べにきてくださいね〜053.gif
[PR]
by SBLGA | 2010-09-30 10:30 | お知らせ

取材★今治焼豚玉子飯編

イケメン連のじゃこカツバーガーを取材した後は今治へ移動

今治では四B連の会議の模様と、今治焼豚玉子めしの取材をしました
会議の模様はまぁおいとおて!?
焼豚玉子めしの取材はこのお店へ。
b0208755_10493840.jpg

産業道路沿いにある大黒屋飯店さんへおじゃましました。
b0208755_1049417.jpg

銀シャリのお二人にも焼豚玉子めしは大好評。
b0208755_10493378.jpg

ヤラセではありません。
おふたりともしっかり完食です。
また食べたいとも言っていただきました〜
あ、もちろん松山のじゃこかつバーガーもです!

まぁ取材内容は放送をお楽しみに

さて。
今治で無事取材を終えた後は多度津へ~
多度津の鍋ホルうどん目指して一行は出発です。

今治焼豚玉子めしとは
今治焼豚玉子飯は約40年前、市内にあった中華料理店「五番閣」(閉店)のまかない料理として生まれた。その伝説の「五番閣」から独立した「白楽天」「重松飯店」がメニュー化した事で口コミとなり、ソウルフードとなりました。2010年現在では市内約60店舗ほどでメニュー化され、人気を博しています。
焼豚の厚さや部位、玉子、そしてタレと各店舗特徴があります。焼豚玉子飯は素早く提供できるようになっている。これは今治人の気質によるもの。今治人はイラチで(気が短い事)、料理が早く提供されないと我慢できない。旨い・安い・ボリュームがある、は当たり前とし、なおかつ早くないとならないのです。その点、焼豚玉子飯はいたってシンプルな構造で仕上がっています。どんぶりにご飯をよそい、スライスした焼豚(店によって異なる)をのせる。その上に目玉焼きをトッピングし、甘辛いタレをかけるだけ。この間わずか数十秒。
焼豚玉子飯は今治人の気質から生まれたソウルフードなのです!

今治焼豚玉子めしのHPもあります。
詳しくはこちらをチェックしてくださいね〜
[PR]
by SBLGA | 2010-09-29 10:55
まず。
取材は愛媛県は松山の「イケメン連」がつくる
じゃこかつバーガーから始まりました。

今回は松山にあるチャーリーズベジタブルさんで撮影。
チャーリーズベジタブルさんはイケメン連代表の岡部さんがいるお店です。
イケメン連はまちづくりNPOでもありますよ。

取材はこんな感じでスタートです★
b0208755_16361119.jpg


内容は。。。
ぜひ放送を楽しみにしていてくださいね!
イケメン連のイケメンも登場します。

ちなみに。
じゃこかつバーガーとは?
早朝、地元・八幡浜市場に水揚げされた瀬戸内海の新鮮な魚だけを使う『鳥津蒲鉾店』のこだわりのすり身を、佐田岬半島にある『まりーな亭』がたっぷりの野菜を使って体に優しいじゃこコロッケに仕立てました。
 これを挟むもっちりふわふわのパンは松山・大街道の老舗『内田パン』の米粉パン。魚にはやっぱり米!国産米100%安心安全の無添加・無着色・無漂白パンです。
見た目にも色鮮やかな付け合わせはイヨ☆ピクルス(緋の蕪漬け)。土からこだわる契約栽培で収穫された緋の蕪を『漬新』では昔ながらの素朴な製法で漬け込みます。きれいな紅色は蕪に含まれる成分シアニンがダイダイ酢の酸に反応して色づく天然発色、まさに先人の知恵がつまった健康食品です。
 そして、食育、地産地消、スローフード(地域固有の食文化の見直し)・・・そうした時代のテーマを『イケメン連』なりにとらえ、解釈し、形にしたのがじゃこかつバーガーです。

イケメン連とは?
詳しくはHPがあるのでそちらをご覧ください。
イケメン連のHPはこちらから
イケメンたちがブログも書いていますよ〜


次は愛媛県は今治、「焼豚玉子めし」の取材の一部をご紹介します!
[PR]
by SBLGA | 2010-09-28 16:43 | お知らせ

放送日は10月23日!

実は昨日、四B連に関西テレビが取材に来ていました。
それは!!!!!!

すべての事象に「オモテ」と「ウラ」がある! 人気芸能人のウラの素顔や大ヒット商品のウラのカラクリ、流行りのムーブメントのウラ側など気になるモノゴトの裏側を、どんどんのぞき見しちゃいます! の
世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!
司会はブラックマヨネーズさんです〜
毎週火曜 深夜0:35〜放送です。

昨日行われた四B連は10月23日放送予定になっています!
世間の裏側のぞき見バラエティ ウラマヨ!のホームページはこちらから

四国地方?ではOHKで関西テレビ放映1週間後にあるそうです。

レポーターは吉本興業のお笑いコンビ「銀シャリ」です。
このお二人。
b0208755_20461750.jpg

左が鰻和弘さん。
右が橋本直さんです。

時間の都合上、取材は3カ所。
松山の「じゃこかつバーガー」
今治の「焼豚玉子めし」
多度津の「多度津鍋ホルうどん」
の3つをご紹介させていただきました。

こんな感じで3人並んで各地のご当地B級グルメをレポートしてまいりました!
b0208755_2048494.jpg

え〜真ん中は広報の浦でございます。
これは取材の一番最後、
多度津での取材後に撮らせていただいてます。
若干疲れている私。。。
すみません<(_ _)>
取材の模様はまた後日書いてみます。

そうそう!
四B連の支援イベント、第一回目が決定しました!!
それはこちら!
b0208755_20522323.jpg

こちらは2010年10月30、31日の二日間に渡って新居浜で開催される
こんかいや~新居浜B級グルメショッ喰!!inくらう島(黒島)
こんかいや~新居浜B級グルメショッ喰!!inくらう島(黒島)のブログもあります。

また情報が入り次第このブログでもお知らせしていきますね。

お楽しみに〜053.gif
[PR]
by SBLGA | 2010-09-27 20:55 | お知らせ
今日は四B連会長のお膝元、多度津のB級ご当地グルメのご紹介します!

多度津鍋ホルうどんとは?
多度津鍋ホルうどんはしょうゆベースのホルモン鍋にうどんを入れて煮込んだ料理で、多度津町内で老舗焼き肉店を営む小原隆三さん(62)の父親が1957年ごろに考案。
当時、旧国鉄の多度津工場に勤務する職員らの間で人気を得ていた料理です。
b0208755_16203410.jpg


その由来は、多度津は四国の鉄道発祥の地。多度津港と金刀比羅を結んだ鉄道が興りです。
そのため、今でも多度津港の近くに、旧国鉄時代の面影が残る多度津工場(現在JR四国工場)ああります。
地元の人たちにコーキブ(工機部)と呼ばれて親しまれてきました。
同じ敷地内にあったブッシブ(物資部)は今でいうところのスーパーマーケットがありました。
戦後の復興期には、千数百名の職員が働いていました。
(現在は百人強)

夕方の6時になると、一斉にコーキブの門から労働者が列をなして出てくるのです。
これを見ていたある肉屋の親父は考えました。
「これで儲けるには?」

当時、一般庶民は肉なんて滅多に口にできませんでした。また、モツ(内蔵)を食べる習慣もありませんでした。
ところが屠場では従業員が日常的にこれを食していたのです。
親父さんもこれを食べ、美味なることを知ったのでした。
「ようし、この放るもん(ホルモン)と酒で一儲けを」。

さっそく工場と駅の間に店をだし、コーキブの労働者相手に商売を始めたのです。

ブッシブで調味料を仕入れて、ホルモンの調理法と味に工夫を重ね、他では食べられない「鍋ホルモン」が評判になり店を繁盛に導きました。

「鍋ホルうどん」は仕上げにうどんを入れたもので、いわば裏メニューでした。
ほとんどのお客様が〆に食べて、満足して帰って行ったそうです。

しかし栄枯盛衰とはよくいったもので、国鉄の合理化、民営化などで徐々に職員も減り、このメニューも地元の人から忘れられてきました。

それを復活させたのが肉屋の二代目です。
今では三代目に引き継がれ、ひそかな多度津名物となっています。
[PR]
by SBLGA | 2010-09-21 16:21 | B級ご当地グルメの紹介

四B連!

四国B級ご当地グルメ連携協議会の通称を
四B連(よんびーれん)に決定致しました。

四国B級ご当地グルメ連携協議会。。。
長いですものね。

またいろんな情報を発信して行きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。
[PR]
by SBLGA | 2010-09-21 12:27 | お知らせ
こんにちは。
本日は四国B級グルメ連携協議会運営申し合わせについてお知らせします。

四国B級グルメ連携協議会運営申し合わせについて

(1) この会は「四国B級グルメ連携協議会」(以下「協議会」と略称)と称し、四国におけるB級グルメによる地域おこしを志し、あるいは関心をもつ者をもって構成する。

(2) 加盟者は、団体・個人を問わず、ボランテイア活動を旨とする者に限る。実践団体(者)か行政機関(者)か研究団体(者)かを問わない。

(3) 協議会は、構成員間の情報交換・相互賛助・共同催事につき協議する。

(4) 協議会の運営は、加盟者の参加する総会における合意にもとづいて行われる。
(5) 協議会には、議長・幹事・事務局長・会計監事・顧問の役員をおく。 役員は総会によって選ばれ、任期を2年とする。

(6) 協議会の事務局は、別途定めるところによる。

(7) 協議会の運営にかかわる費用は、当面その都度参加者の実費分担により清算するものとする。

(8) 事業・会計年度は、毎年9月1日から翌年8月31日までとする。

(9) この申し合わせは、2010年8月29日の結成会において合意され、同年9月1日より発効する。
この申し合わせに定めのない事項については、適宜総会または幹事会で決定する。

上記のようになっております。
興味のある団体・個人の皆様はぜひお気軽にお問い合わせください。
コメント欄に団体・個人名、連絡先をお書きくださればご連絡致します。
[PR]
by SBLGA | 2010-09-11 16:09 | お知らせ
四国B級ご当地グルメ連携協議会が先月29日、発足しました。
当会は、B級グルメを通じて地域おこしに取り組む各団体でつくる団体です。

松山市内のホテルで開かれた発足会では、「多度津鍋ホルうどん」(香川県多度津町)の内海武彦さんを議長に選出。
歴史や知名度にかかわらず、ご当地グルメによる地域の活性化を目指すほか、全国組織に加盟を希望する団体への支援活動、互いに情報交換するとともに、新しいB級グルメ発掘にも努めてまいります。

発足式には、八幡浜ちゃんぽん(八幡浜市)、焼豚玉子飯(今治市)、今治ラーメン(今治市)、三津浜焼き(松山市)、じゃこかつバーガー(松山市)など13団体の関係者が出席しました。

発足会では、「B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(本部・静岡県富士宮市)の渡邉英彦会長が「富士宮焼きそば」での地域おこしについて、愛Bリーグ顧問の野瀬泰申さんが「やってはいけないー食のまちおこしの事例から」を講演していただきました。
b0208755_17484036.jpg

↑写真は愛Bリーグの渡邉英彦会長

b0208755_17482455.jpg

発足会後の懇親会の模様です。
[PR]
by SBLGA | 2010-09-08 17:42